TOPIC DATA BASE

1 【検証】焼きそばパンは本当にあの形がベストなのだろうか?

   

Pocket

【検証】焼きそばパンは本当にあの形がベストなのだろうか?

食べ物において味と同じくらい大事なことがある。それは食べやすさだ。いくらウマくとも、ポロポロこぼれる食べ物は悲しい。私(中澤)は食べにくいものが嫌いだ。

思うに、焼きそばパンは食べにくい。麺がびよ~んとなってポロッともやしとかが落ちてしまうことがある。焼きそばパンって本当にあの形がベストなのだろうか?

・ホットドッグロールは選ばれたものなのか

考えれば考えるほどに、もっと食べやすくできる気がする。ひょっとしたら、焼きそばパンを発明した人が「これでいいや」と使ったホットドッグロールが定着してしまったのかもしれない。

例えば、パーティー会場でソーセージがなくなったから焼きそばを挟んでみたら評判を呼んだとか。もしくは、当時ホットドッグが流行っていて1番手に入りやすいパンがホットドッグロールだったとか。

だが、現代は多種多様なパンがスーパーで手に入る。ひょっとしたら、もっと焼きそばパンに最適なパンは他にあるかもしれない。

・ハンバーガーのバンズ

そこで、ハンバーガーのバンズに挟んでみた。現代の流行り具合で言うと、ホットドッグよりまずはこれだろう。焼きそバーガーだ

だがしかし、食べてみるとなかなか食べにくい。焼きそばを挟んでみて気づいたのだが、ハンバーガーのバンズは具のキャッチング度で言うとガバガバだ。っていうかキャッチしていない。上に乗っているだけである。

そのため、食べた時の圧力に押され別側から具がはみ出していく「てりやきマックバーガー現象」が全方位において発生してまとまらない。せめてもう少し小さければ……。そう、ハンバーガーのバンズはデカすぎるのだ。ひと口にもう少し余裕があれば、多少まとまらなくとも気にならないかもしれないが。

・サンドイッチ

で、思い当たったのがサンドイッチ。そうそうこれを忘れていた。パンに挟むと言ったらむしろこっちを試してみるべきだったかもしれない。なにせ軽食の定番である。焼きそばパンも紳士の食べ物にしてくれるに違いない。だがしかし、サンドしようとしたところ……

めちゃくちゃ挟みにくかった。考えてみたら焼きそばにはパンと具を繋ぐ架け橋となるものが一切ない。玉子サラダのような粘度がないどころか、油で表面がツルツルしており、焼きそばがパンを拒否し続けるのである。

どこまで行っても平行線の焼きそばとロイヤルブレッド。言うまでもなく食べにくい。正直、パンに挟む必要があるのかさえよく分からなくなってきた

・たどり着いたパン

また、サイズ的にもまだデカイ。噛んだ瞬間に焼きそばが逃げるため、ひと口で食べられるくらいのサイズ感が良いだろう。これらの結果から論理的に考えると、最善のパンは……

ラスク

クリームチーズを乗せる要領で焼きそばを乗せてみた。もはや挟むことすらしない。だが、この安定感はどうだ? 優雅に佇むその見た目は、立食パーティーに並んでも違和感なさそうである。焼きそばパンなのに! 食べてみたところ……

悪くないかもしれない。焼きそばが乗っているためひと口では食べきれないし、ラスクが若干こぼれないこともないが、何せコンパクトなので、前述2つに比べると大変食べやすくなっている。できた! 新時代の焼きそばパンはこれDAAAAAAAA!!

・焼きそばパンと食べ比べた結果

さっそく、従来の焼きそばパンと食べ比べてみよう。改めてホットドッグロールで焼きそばパンを作り食べてみた結果……

ホットドッグロール食べやすッッッッ!!!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

 - まとめ