TOPIC DATA BASE

1 【本気レポ】都内在住だけど「オンライン物件見学」で北海道にマンションを借りたい

   

Pocket

【本気レポ】都内在住だけど「オンライン物件見学」で北海道にマンションを借りたい

最近ふと思った。これだけテレワークが普及したのだから、もはや同じ場所に住み続ける必要はないのではないか? まあ職種にもよると思うが、パソコンさえあれば成立する仕事なら、別にどこに住んでいたって問題はないはずだ。

物心ついてから大学入学までの15年以上を北海道で過ごした私(あひるねこ)。もしかするとこの先、地元に帰って仕事をする時が来るかもしれない。てことは新しく家が必要になるな。よっしゃマンション借りたろ! でもそんな時間ないしな。よっしゃオンラインで物件見学したろ!! というお話です。

・オンラインで部屋探し

アパートやマンションを借りる時は、まず不動産屋に行き、担当の人と現地を訪れ物件をチェック。重説(重要事項説明)なども不動産屋で行うのが一般的である。ところが「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」なら、そのすべてをオンラインで完結できるんだとか(店舗での契約が必要なケースもあり)。

東京にいながら北海道の物件を探すなんていうひたすら面倒な作業も、オンラインで物件見学や相談ができるなら簡単だ。事実「LIFULL HOME’S」によると、『オンライン物件見学』と『オンライン相談』の利用者は今年に入り大幅に増えているという。

そこで私も、オンラインで見学できる北海道の物件を「LIFULL HOME’S」のホームページから探してみたのだが……その結果、めちゃくちゃいい感じのマンションを発見! さっそくオンラインで物件見学をさせてもらうことになった。

・北海道のマンションを見る

当日は現地にいる不動産会社のスタッフさんとビデオ通話の映像・音声を使い、会話しながら物件内部を見学していく。私はというと、新宿にある編集部からスマホでのんびり参加だ。

──あひるねこです。今日はよろしくお願いします!

「こちらこそ、よろしくお願いします」

・見学スタート

今回見せてもらうのは、函館本線・白石駅から徒歩で10分ほどの場所にあるマンション。鉄筋コンクリート4階建てで、築1年のまだ新しい物件である。ではまず建物の外観から見せてもらえますか?

おお! さすがにキレイである。周辺はどんな環境でしょう?

「道路に面していますが、交通量はそこまで多くないですね」

オートロックや宅配ボックスの確認をした後は……

いよいよマンションの中へ。2LDKで部屋の間取りはこんな感じだ。

ではでは……お邪魔します!

・部屋の中へ

うおおおおお! めっちゃキレイ!! 床もなんだか高級感がありますね。さっそくですが、玄関横にあるスペースは何ですか?

「こちらは靴の収納になっています」

うわ、めっちゃ入りそう! これなら冬靴も余裕である。ん……? すいません、靴箱の上になんか隙間ありませんか?

「ええ。靴とは別の収納スペースになってますね」

・現地にいる感覚

よくある360度パノラマの写真と違い、オンライン物件見学は不動産会社の人にその場で質問しながら、気になった部分を即確認ができるのが大きな強みだ。気分はほぼ現場である。さて、玄関を抜けると次はリビングだが……よし広い!

暖房と、北海道では珍しいエアコンが付いているのも確認できる。

ベランダに出て外の景色を見られるのもオンライン物件見学ならではだ。聞くと周辺に高い建物はないらしく、おかげで東向きのリビングは特に日当たりが良く好(ハオ)だった。

残る2つの洋室も見せてもらったところ……

ええやん!

ええやんええやん!!

どの部屋にも大きな窓があってええ感じやん! 洋室にはそれぞれクローゼットがあるようなので、こちらも忘れずチェックしよう。広さを確認するため、スタッフの方に中に入ってもらうのもアリだ。

あ。ちょっと気になったんですが、騒音ってどうでしょう? うるさくないですか?

「そうですね、線路からも離れているので特に気にならないと思いますよ。先ほどベランダからご覧いただきましたが、この辺りは住宅が多い静かな場所ですから」

気付いたことはすぐさま質問。これがオンライン物件見学の極意である。続いてキッチンを見学。

細かい収納もしっかり見せてもらう。

お風呂も見て……

トイレにウォシュレットがあることを確認。

インターホンはモニター付きだぜ!!

・文句ナシ

こうして部屋の隅々を気が済むまでとことん見学。その結果……非の打ち所のない物件である。質問しながら映像で見せてもらえたので、引っ越し後の生活も具体的に想像することができた。これは移住待ったなしか!? だがしかし……。

そのとき私の目に浮かんだのは、編集部の先輩たちの顔だった。北海道に移住となると、彼らとも今のようには会えなくなるだろう。基本的にどうしようもないおっさんたちではあるが、寂しくないと言えば嘘になる。

そんなワケで、あのマンションを借りるかどうかは現在も悩んでいる状態だ。「今すぐ引っ越せ」「考え直すべき」等々アドバイスがありましたら、私宛てにじゃんじゃん送ってください。

・オンラインという選択肢

それにしても、オンライン物件見学は実に効率的かつ経済的であった。もし現地に行っていたら、往復の飛行機代だけで数万円だ。新千歳空港からの電車代もバカにならないし、当然時間だってかかる。仕事をしながらだとかなりキツかっただろう。

その点、オンライン物件見学なら費用を安く抑えられ、さらにすべてを家の中で完結できるので便利だ。もしかしたら今後の物件探しの主流になっていくかもしれない。そんな印象を持ったぞ。思ったよりもだいぶ簡単なので、私のように遠方に部屋を借りたいという人はぜひ一度試してみて欲しい!

参考リンク:LIFULL HOME’S
取材協力:常口アトム
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

 - まとめ