TOPIC DATA BASE

1 【スイーツ】むさしの森ダイナーのパンケーキがふわとろすぎて噛めない! これはもはや「飲み物」であるッ!! 東京・新宿中央公園『SHUKNOVA』

   

Pocket

【スイーツ】むさしの森ダイナーのパンケーキがふわとろすぎて噛めない! これはもはや「飲み物」であるッ!! 東京・新宿中央公園『SHUKNOVA』

東京・新宿中央公園が生まれ変わった。昔はキレイな公園とはちょっと言い難かったあの場所に、2020年7月16日、新しい商業施設が誕生したのである。公園通り沿いに「シュクノバ(SHUKNOVA)」がオープンし、見違えるようにキレイになった。その建物の1階に『むさしの森 Diner』が出店している。

お店に行き、看板メニューの1つ「ふわっとろパンケーキ」(税別580円)を食べてみたところ……。いや、コレは食べるというべきか? 口に入れた瞬間に溶けて、噛んだ気がしない。飲んだという方がふさわしい。つまり、ここのパンケーキは飲み物だったのである!

・噛まない、いや噛めない

このお店は、すかいらーくグループ『むさしの森珈琲』の新店舗である。全国的に店舗展開しているものの、都内では3店舗目。郊外に店舗展開しているため、すかいらーくの仲間であることを知らない人も多い。私(佐藤)もその1人で、パンケーキも初体験だった。

まずその見た目に驚いた。表面にうっすらと焼き目はついているものの、全体はほぼ真っ白。そしてかなり分厚いじゃないか。見ただけで “ふわっ” としていることがよくわかる。

カットしてフォークで持ち上げようとすると、それがとても難しい。たやすく崩れてしまうからだ。断面を見ると、無数の泡を生地で閉じ込めているのがわかる。さらに口に入れると、生地が静かに溶けていく。コレ、噛むって感じがしない。飲むに等しいくちどけだ。たしかに “とろ” っとしているぞ

別添えの「蜂蜜入メイプルシロップ」をかけると、そのルックスに悶絶しそうだ! 琥珀色のシロップと真っ白なパンケーキの色彩のコントラストは耽美(たんび)と言わざるを得ないだろう。もちろん、震える美味さである。

・新宿中央公園の新しい施設

ちなみにこの建物は、新宿中央公園の公園通り沿い。都庁にほど近いエリアに誕生した。

上京したての頃、この界隈に住んでいた私にとって、新宿中央公園は馴染み深い場所である。それがもう、昔の面影を一切感じないほどキレイになった。喜ばしい反面、人間臭さがなくなった気がして寂しくもある

店内は非常にキレイで、窓際のカウンター席から青々とした芝生を眺めることができる。カウンター席にはコンセントとUSBの差し込み口がある。もちろんFree Wi-Fi。テレワークの場の1つとしても活用できるだろう。

・フレンチトーストはたまご焼き

この日はパンケーキとともに、数量限定の「ふわっとろフレンチトースト キャラメルバニラ」(税別780円)も注文した。フレンチトーストもパンケーキに匹敵するくちどけで、こちらもフォークで持ち上げるのが難しい柔らかさであった。

あえて例えるなら、たまご焼きだ。トーストである以上、パンを使っているはずなのに、パンの食感は微塵も感じない。柔らかく固めたアパレイユ(卵液)を食べているような不思議な食感だ。

新しく生まれ変わった新宿中央公園。昭和の名残りはなくなってしまったが、これから令和の新時代に、新しい歴史を刻んでいくことだろう。

・今回訪問した店舗の情報

店名 むさしの森 Diner 新宿中央公園店
住所 東京都新宿区西新宿2丁目11-5 
営業時間 7:00~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

 - まとめ