TOPIC DATA BASE

1 リリースされたばかりの『ドラゴンクエストタクト』をプレイしてみた → 初期モンスターを愛でようとしたら現実を知った

   

Pocket

リリースされたばかりの『ドラゴンクエストタクト』をプレイしてみた → 初期モンスターを愛でようとしたら現実を知った

2020年7月16日、新アプリ『ドラゴンクエストタクト』がリリースされた。昨年の『ドラクエウォーク』ほど盛り上がっていないにしても、久しぶりのビッグダイトルだけに楽しみに待っていた人も多いだろう。

ドラクエファンとしては、新作がリリースされたとなれば一度プレイしたくなるもの。てなワケでとりあえず触ってみたのだが、スンナリ入れてプレイもしやすい。これは楽しませてもらえそうだ……と思ったと同時にいくつか注意点もあったので報告しておきたい。

・ドラクエ5のような感覚

『ドラゴンクエストタクト』を起動すると、まずはチュートリアルが始まる。アプリのタイトルにもある「タクト」を使えば、モンスターを味方にして指示を出せる。今のところ自分が戦闘に参加することはなさそうだが、モンスターを仲間にする感覚は『ドラクエ5』と言ってもいいかもしれない。

最初の相棒はスライムナイト。やはり初期はスライム系の身近なモンスターに限り、自然と「ピエール」と呼びたくなるのは私だけじゃないだろう。そして次に仲間にしたのはドラキー。よ〜し、この子たちを目一杯かわいがるぞぉ〜!!

と呑気に思っていた私はここから現実を知ることになる。

・まさかのクビ宣告

というのも、2章まで進んだら解放されるモンスターのスカウト(ガチャ)がそうさせたのだ。基本的に無料でプレイできるも、スタートダッシュキャンペーン的なものがあって無料で10回引けるようになっていた。当然、私もSランク降臨を祈って回してみたら……

結果はイマイチも、Dランクのピエールよりは格上だらけ。そしてオススメのモンスターでパーティーを自動選択したら……

ピエールの存在はなかったことになっていたからおったまげ。2章に進むまで、時間にして1時間もなかったはず。わずか数回の戦闘で初期モンスターがクビ宣告されるとは思っていなかった……。

もちろん、自分好みのモンスターを使うこともできる……できるのだが、ゲームを進める効率を考えたらガチャで出たモンスターを使ってしまう自分がいるから悲しい。最近のゲームはスピード勝負と分かっちゃいるが、いくらなんでも早すぎた。

・戦闘はFFタクティクス

ちなみに戦闘はコマで動くスタイルで『FFタクティクス』みたいといえば伝わるだろうか。シンプルに遊べながらも障害物を使ったり、遠方からの攻撃など軍師になったような気分になれる要素もあって面白い。

途中、スカウトで仲間のモンスターを強化したら雑魚を倒すのはメンドクサイ……と思うかもだが、今流行りの「放置」の要素を取り入れているから大丈夫。オートプレイを選べば勝手に戦闘が終わっている(宝箱を逃すことあり)ため、束縛されることもない。

・Wi-Fi環境に注意

最後に気になったことを1つ。ズバリ、ネット環境でストーリーを進めるたびにダウンロードを求められるのだ。容量こそ大きくないが、塵も積もれば山となるである。月末にネット制限がかかるような人は注意されたし。

なお、本アプリはスタミナ(行動力)制。どちらかといえばゆるりとプレイするスタイルでもあるため、私はドラクエウォークと二刀流を両立させながら今後を見守っていきたい。

Report:原田たかし
ScreenShot:ドラゴンクエストタクト(iOS)

 - まとめ