Pocket

令和ネット史上最もバズった「江ノ電ニキ」1周年、時の流れの速さにネット衝撃

2021年最もバズった人物といえば、ヒカキンでもヒカルでもなく、こちらの男性「江ノ電ニキ」でしょう。2021年8月5日に発生したとある事件をきっかけに、一躍人気に。当初はただの「可愛そうな人」だった彼。ところがその日を境に一躍「時の人」となったのです。あの日からなんともう1年も経過、時の流れの速さに驚く人たちが続出しております。

江ノ電ニキとは

時は、2021年の8月5日。江ノ島電鉄の旧車両『305』が試験運転を行っていた。この電車が横切る瞬間は撮り鉄にとっても非常にレアで絶対にカメラに収めたい、誰もがそんな気持ち。

そんな「撮り鉄」にとって一瞬たりともミスは許されない。なんならば、お金をかけてでも、その瞬間をうtくしく収めたい。

そんな中、電車がついに登場。一斉にカメラをまえる「撮り鉄」。

しかし、そんな貴重な瞬間に、突如一人の男性が電車の横を横切ってしまったのだ。

これに「撮り鉄」は大激怒。「どけよ」「金だろ」など罵詈雑言を男性に浴びせるも、状況を知らない男性は、何が起きたのか理解できない様子。

男性は、外国人の「ディラン」さん。

その様子の動画がネットに拡散、ネットで大バズり動画となったのです。

その際は「ただのかわいそうな男性」という程度だったのですが、実はその男性は鎌倉で店を開いているオーナー。その時の状況をSNSを使い告白。その後、むしろそれを糧にして、店の宣伝に使ってしまったのです。

ネットでは「鋼のメンタル」として称賛。いつしか「江ノ電ニキ」と呼ばれ、店も鎌倉でも人気となったのです。

前置きは長くなりましたが、その「江ノ電ニキ」の事件から、なんともう1周年が経過しているのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HOME(@hometacobar)がシェアした投稿

1周年をいわう「江ノ電ニキ」こと「ディラン」さん。多くの祝いコメントも寄せられております。

またネットでは「これ今日で1周年ってマ?」「1周年とか普通に金だろ…」「えぇもう1年経ったの!?」など、思い思いのコメントを残している。

撮り鉄にとって、旧車両『305』が撮影できなかったのは非常に残念なのかもしれません。しかし今となっては、この『305』と「江ノ電ニキ」が並走するこの映像。こちらのほうが、希少価値高いレアな映像として、ネット史に残る映像となってしまった。