TOPIC DATA BASE

1 ディズニーマニア、新アトラクション「美女と野獣」で3回ガッカリしてしまう

   

Pocket

ディズニーマニア、新アトラクション「美女と野獣」で3回ガッカリしてしまう

2020年9月28日、東京ディズニーランドに待望の新アトラクション「美女と野獣 魔法のものがたり」がオープンした。これはかつてゴーカートがあった場所に新設された「美女と野獣」がテーマの新エリアに属するもので、映画公開からおよそ30年の時を経てお披露目となったものだ。

この一報に喜びを爆発させていたのが、ディズニーを愛しディズニーに愛された男、“ディズニーマニア” こと当サイトの「田代大一朗」である。ところが実際に新アトラクションに乗車し終えた田代は3度こう言った「ガッカリしました」と──。

・暴走寸前

ウォルト・ディズニーのことを親しげに「ウォルト」と呼び、何か困ったことがあると「ミッキーならどうするか?」と考える田代は、疑いようのないディズニーマニアである。当初、田代のウキウキは異常なほどで、同行した私(P.K.サンジュン)が軽く引くレベルであった。

というのも、田代でさえも新型コロナウィルスの影響でしばらくは東京ディズニーランドに足を運んでいないようで、いよいよ禁断症状が出かかっていたらしい。そこに「新アトラクション」が重なり、田代はかつてないほどムラムラした状態でこの日を迎えていたのだ。

「いやー、ついにこの日が来ましたね、サンジュンさん! 僕はワクワクして一睡もできませんでしたよ!!」

──僕は普通に寝ましたけど……。

「本来なら4月にオープンするハズだったのに、およそ半年間延期されてしまいましたからね。ようやくこの日を迎えられたウォルトやディズニーの関係者さんたち、そしてファンの気持ちを考えると、僕は……僕は……!」

──え、もう泣くんですか?

「しかもですよ? 美女と野獣はディズニー史に残る名作ですが、映画公開は約30年前です。これだけの時間が経っている中で、ファンの予想を超えるアトラクションになっているのでしょうか? 期待と不安が僕の中で混ざり合って……でも僕はディズニーを信じています! サンジュンさんもそうですよね!?」

──田代さん、とりあえず1回落ち着きましょう。

会話は噛み合わないものの、田代の並々ならぬ情熱だけはビシバシと伝わってきた。普段が100だとすると、この日の田代のパワーは300以上あったハズ。「やべえことになりそうだ」──。ウッキウキの田代の様子を目にした私はそう思わずにいられなかった。

・ベイマックスへGO!

さて、まず到着したのは「美女と野獣」……ではなく、こちらも新アトラクション「ベイマックス ハッピーライド」である。お分かりの通り、映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションで、実は同作のアトラクションは東京ディズニーランドが世界で初だという。

──ベイマックス、1回だけ観たことあります。たしか、日本っぽい都市が舞台なんですよね?

「よくご存じで! そうなんです、ベイマックスは架空都市 “サンフランソウキョウ” が舞台なんですが、日本文化が随所に取り入れられています。そういう意味では東京ディズニーランドにピッタリのアトラクションと言えるでしょう」

「ベイマックス ハッピーライド」は2人乗りのアトラクションである。乗車を待っている間も田代はノリノリで、キャストさんと同じように全身でリズムを取っているではないか。やだ、ちょっと恥ずかしいんですけど……! 当然、田代に私の気持ちは1ミリも伝わっていない。

で、実際に乗ってみたところコレがなかなかスゴイ!! イメージ的には「コーヒーカップ」が近いが、その動きは全くもって予測不可能。一言で表現するならば「コーヒーカップの究極進化系」である。キャーキャー言いながら乗車し終え、田代に感想を求めようとしたところ……

スタンディングオベーションしてた。

──ちょちょ、田代さん! みんな見てますから……!!

「ブラボー! ブラボー!! ベイマックスハッピーライド、本当にブラボーーーッッ!!」

──わ、わかりましたから……。

「アトラクションの動きも素晴らしければ、僕らを心から歓迎してくれているキャストさんたちも素晴らしい! ベイマックスハッピーライドにどれだけの人の思いやりが詰め込まれているかわかりますか? 設計した人、工事に携わった人、そして映画ベイマックスを制作した人たち……その全員がブラボーですッ!! ブラボー!」

──というか、1人スタンディングオベーション初めて見ました。

田代の行動には引いたが、ベイマックスハッピーライド自体は本当に素晴らしかった。田代は「世界中のみんなに乗ってもらいたいですね!」と話していたが、確かに老若男女が楽しめるアトラクションであろう。ズバリ、人気アトラクションになる予感大である。

本命の「美女と野獣」に辿り着く前に、早くもスパークしまくるディズニーマニア。だがしかし、この後ディズニーマニアは3度に渡り「ガッカリしました」と口にした──。ディズニーマニアがガッカリした衝撃の理由とは? 続きは2ページ目(https://wp.me/pbYbbF-5WkJ)へ急げ!

参考リンク:東京ディズニーリゾート
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

 - まとめ