Pocket

病院待合室で遊ぶ自閉症の息子に、少年が声を掛けてきて…

ume (@saiko110420022)さんが投稿した、病院での出来事に注目が集まっています。

素敵(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

   googletag.cmd.push( function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1586069374553-0’); });

心のバリアフリー

少年にとって、障害のあるなしというのは単なる情報のひとつに過ぎなかったのかもしれません。

「まあいいや」という一見ぶっきら棒な言葉から読み取れる意味に心が温まりました(*^_^*)

関連:入学祝い金を貰った6歳息子。余ったお金で母に花を買うと言い…

みんなの反応

●何回読んでもこの子の「まあいいや」が素敵すぎて素敵すぎて…本当にすてき…

●子どもってそうだよね。良い意味で特別扱いしない。個性(障害)も含めてのその人であると受け止めて遊べる

●こんなにいい意味でまあいいやってあるんだな

●ほとんどの大人が出来ないことを子どもはサラッとやってのける。この感覚を忘れぬ大人でありたい

グッとくるお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。