Pocket

マックカフェで、ももの「フランボワーズのフラッペ」と「スムージー」を両方頼んで後悔した話

ごろっともも

image:秒刊SUNDAY

マクドナルドの一部店舗で展開しているMcCafé by Barista。高品質のドリンク、フラッペにケーキやマカロンといった通常のマクドナルドにはない商品を展開し、人気となっています。現在は国内に183店舗しかないMcCafé by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)でいただける「季節限定商品」が美味しいということで、さっそく行ってみたのですが……。

マックカフェ期間限定メニュー「ごろっともも」発売中!

マクドナルドの中でも全国で183店舗のみ!マックカフェで味わえる期間限定メニュー「ごろっともも」シリーズ発売中!キャラメルバナナ味のマカロンも気になるところですが、今回は「もも」に特化して紹介しちゃいますよ。

参考:マックカフェ「ごろっと もも」フラッペ&スムージー

マックカフェに到着!

以前は近所というかそこそこ近場にあったマックカフェ。現在は通常のマクドナルドに戻ってしまったので、車で60分かけてやってきました。都心に住んでいる人にはわからないだろうな、マックカフェに行って飲んで家に帰るだけで3時間近くかかるんだぜ……。

image:秒刊SUNDAY

お店の外でもイチオシは「ごろっともも」のようですね。寒くなってきたので、店内に逃げ込むことに。ちょっと待てよ!じゃなかった「ちょ、待てよ!」寒いのにフラッペとスムージー頼むのか……。

image:秒刊SUNDAY

頼んで後悔「しまった……」

今回は「ももとフランボワーズのフラッペ」と「もものスムージー」を注文。

image:秒刊SUNDAY

マックカフェって店内がキレイなんですよね。

image:秒刊SUNDAY

マクドナルドを残しながら、カフェっぽさを醸し出すレジ周り。

image:秒刊SUNDAY

店内が広々としていて、本当に気持ちの良い空間でした。次はゆっくりと温かいコーヒーにケーキをいただきたいな……。

image:秒刊SUNDAY

5分後「ももとフランボワーズのフラッペ」と「もものスムージー」が到着。あれ、これはやっちまったな……。

ごろっともも

image:秒刊SUNDAY

こちらがフラッペで……

image:秒刊SUNDAY

こちらがスムージー……えっと、もしかしてスムージーに「フランボワーズソース」と「ホイップクリーム」乗せただけなのか!と思って口にしたら、まったくもってその通りでした。現在外の気温12度、なんという無駄なことを!

image:秒刊SUNDAY

比較しても仕方ないので「ももとフランボワーズのフラッペ」の食レポを試みます。

image:秒刊SUNDAY

ホイップクリームがたっぷり乗せられているので、フタを開けると大惨事になることが予想されます。なので、蓋を締めたまま量を減らすことに集中……美味いよ!桃の果肉をがっつり感じられるスムージー、正直スタバ超えと言いたい!寒いけど!

image:秒刊SUNDAY

フランボワーズソースとホイップクリームに関しては、正直好みが分かれるところ。純粋に桃を堪能したいという方は、スムージーを選択された方がよさそう。

image:秒刊SUNDAY

乗っている桃はシロップ漬けの白桃。製品情報には黄桃やネクタリンも使用していると書かれていたので、おそらくスムージーに黄桃やネクタリンを混ぜ込んであるのだと思われます。全体的な味は「白桃」の風味を感じました。

image:秒刊SUNDAY

シャリシャリ感はおもったよりも少なめ、その分「桃」を多めに感じることが出来て筆者の好みではありました。当日がかなり肌寒かったのですが、暑い日に食べるのであればもう少し氷の触感が欲しいところです。

image:秒刊SUNDAY

気温12度、ほぼ同じ「氷のドリンク」を2個は口が麻痺しそうになりました。ほぼ同じモノなので、賢明な読者のみなさんはどちらか一つにしておきましょう。あー寒い、でも美味しかった!ごちそうさまでした!

「ももとフランボワーズのフラッペ」 490円(税込)
「もものスムージー」 450円(税込)

490円(450円)という価格を考えれば、十分に素晴らしい商品であると言えるでしょう。もっと店舗が増えれば「スターバックスコーヒー」といい勝負になるかもしれません。そのためには「マックの看板」を外した方が得策かと。

source:マックカフェ バイ バリスタ