Pocket

コクヨのやる気ペン、子どもに与えても親がラクできないという事実が発覚

image:秒刊SUNDAY

子どもが宿題を「やる気」になるという魔法のようなアイテム、それがコクヨの『しゅくだいやる気ペン』。小学生のお子さんを持つ親御さんなら、購入を考えたこともあるのではないでしょうか。夏休みに入り、子どもが全然宿題をやらずに困っている筆者は、やる気ペンを購入し、子どものやる気をアップさせることに成功……!しかし、なかなかうまく事は運びませんでした。

夏休み、子どもの勉強やる気出すためにコクヨのやる気ペン購入してみた

「宿題やりなさーい!!」

夏休みに入り、毎日毎日この言葉のオンパレードです。

きっと、どこのご家庭も同じなのではないでしょうか。

宿題をやらない息子が「しゅくだいやる気ペンがあったら頑張ってやる!」と言ってきました。

しゅくだいやる気ペンとは、コクヨから販売されている家庭学習の習慣化をサポートする文房具です。

鉛筆に取り付けてアプリと連動させることで、勉強への取り組みを分析して見える化してくれます。

勉強して、たまったやる気パワーをアプリに注ぐと『やる気の木』が成長。がんばった分だけりんごが成ります。

りんごを集めるとアイテムゲット!『やる気の庭』が完成していき、ゲーム要素が強い文具です。

毎日毎日「宿題やりなさい!」って言うのもストレス。

やる気ペンで宿題を自ら進んでやってくれるのなら、買おうじゃないか!

やる気ペン、宿題はやってくれるが親の負担が減らない!

image:秒刊SUNDAY

コクヨのHPから注文したところ、翌日には届きました。

めっちゃ速い配達に感謝!早速セットしたところ、「早く宿題やらなきゃ!」と言ってくれました。

母はうれしいです!

コクヨ様、素敵な商品を開発してくれてありがとうございます!!

ライトが点滅しており、勉強をすると色が変化していきます。

白→薄緑→緑→黄色→桜色→オレンジ→赤→ピンク→ムラサキ→青→水色

このように、勉強をすると色が変化していくので、やっている最中も楽しそうに勉強をしていました。

あまりに楽しすぎるのか、勉強している最中おしゃべりが止まらずテンションが高い!

image:秒刊SUNDAY

「ママ、見て!緑になった!」「ママ、もう赤になったよ!」「一回アプリにやる気注いでいい?」「あ、元に戻っちゃった、今度は赤の時に注いでみよう!」「何分やったら水色になるかな?」「ママ、見て!ママ見て!!」

……うるさい。

てっきり集中して静かに宿題を取り組んでくれる、そう思ったんですよ。

集中して宿題やっている間、仕事したり掃除したりしようと思ってたんですよ……。

宿題はやるようになったんですが、とにかくテンションが高すぎて、これはこれで大変。

子どもと四六時中接している夏休み。

少しでも離れる時間が欲しかったので、やる気ペンがあれば自分一人で宿題をやってくれると思ったのですが、そんな思いは木っ端みじんに砕け散りました。

でも宿題やってくれるようになったし、まあいいか……と思っていたんですが、まだ落とし穴がありました。

『やる気の木』成長に上限あり!上限に達したら宿題やってくれねぇ!!

image:秒刊SUNDAY

勉強をやると、りんごが手に入る。

りんご欲しさに手を動かし宿題を進めていましたが、「今日はもう終わり!」と宿題を終えてしまいました。

どうやら、りんごは1日5個までしか集められない仕様のようなのです。

りんごが5個集まり、これ以上勉強したところでアイテムがゲットできないことを知ると、宿題を終わらせてしまったのです。

しかし、このペースだと夏休みが終わるまでに宿題が終わらない!

結局「宿題やりなさい!」と言うハメに。

学びというものは上限などなく、学べば学ぶほど知識が蓄えられます。

やる気ペンはりんご5個と、勉強の上限を決めてしまっているので、それ以上は子どもの勉強のやる気スイッチがオフになってしまうことが判明。

コクヨさんには、是非ともりんごの上限撤廃というギミック解放をお願いしたいと思います!

りんごが5個集まった時点で、今日の分の宿題が終わってなくても宿題を終えてしまうんですよ……。

宿題代行サービスとか一時期流行りましたが、それには頼りたくないので、お願いいたします。

コクヨ しゅくだいやる気ペン
価格:6,346円 (税込 6,980円)

source:コクヨ